心の癒し | 癒しのことならダイエットからはじめよう

心の癒し

心の癒し】ではダイエットで心身ともに疲れた方にアロマの香りやハーブによる癒しや心理学的観点から、お薦めの心の癒し法をご紹介致します。


アロマテラピー

★アロマ テラピーとは、アロマ(香り)とテラピー(治療・療法) を合わせた言葉で、日本語では ”芳香療法” と訳されます。

植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)をさまざまな形で用いて、植物の持つ生命力やエネルギーを体内に取り込んでいき、心身をリラックス、リフレッシュすることに役立てようというものです。

また、精油入りの化粧水やパックを作って美容のために利用したり、お掃除やお洗濯などの家事に取り入れたり、最近ではペットのためのアロマテラピーが人気を集めるなど、私たちの生活の中で幅広く用いられています。アロマテラピーで、心身の疲れを癒しましょう。

人によっては大量に汗をかくので、スッキリ効果もあります。 「あまり汗をかかない」「新陳代謝がよくない」・・・そう感じる人は 一度トライしてみてはいかがでしょうください。

ハーブ

ハーブ(薬効植物)は世界で長い間使われてきた民間療法であり、西洋医学が主流になった現代でも、アロエやしょうがは多くの家庭でやけどや風邪の予防として使われています。

日本で風邪の予防にしょうがを使うように欧米ではカモミールやエキナセアのお茶が飲まれます。それぞれの風土にあったかたちでハーブ(薬効植物)療法は家庭の中に浸透しているのです。

体に負担をかけることの少ないハーブ療法は体にゆっくり作用し自然治癒力を引き出します。アロマセラピーよりも作用がマイルドで、手軽にできるところが魅力の一つです。

ハーブを用いてセルフケアすることは、それぞれの症状の原因を知ることによって自分のライフスタイルを見直すきっかけにもなります。

【リラックス】
神経系に働いて鎮静作用を促すことによって、心と体の緊張をほぐします。

【リフレッシュ】
強壮作用によって、体に活力を与え疲労回復を促すことによって心身を安定させます。

【新陳代謝】
利尿作用や血液循環を促す作用によって、体の中の老廃物の蓄積を防ぎます。

心理学

人はなぜ痩せたいのか?、なぜ痩せないのか?あらゆる面で心の奥にある悩みやストレスを、脳が、食べる事や飲む事で治そうとしているのではないでしょうか。その悩みやストレスを解消させる事が痩せる事への近道だと思います。

★心理学(英語:Psychology)は、一般に心の様々な働きと、その行動を科学的に探求する学問です。

その対象は、認知、記憶行動、感情、パーソナリティ、発達など広範囲に及ぶ。

心理カウンセリング

★ひと昔前は、家族や友人、近所の人などで、それぞれの悩みを相談し、解決することができました。しかし、最近では核家族化の進行や、社会環境の急激な変化により、心に起因するトラブルは、個々では解決できないケースが増えてきています。

トラウマ、ひきこもり、登校拒否、摂食障害、PTSDなどの地域や家族では解決できない

悩みに対して、カウンセリングを受けることで解決の方法を探してみてはいかがでしょう。

心理カウンセラーは、相談者の悩みや問題を一緒に考え、その過程で相談者自らが自分の可能性に向かって成長していけるように、側面からサポートしてくれます。

相談者自らが未来に向かって希望と夢を持てるように支援すること。それが心理カウンセリングです。

Main Menu

Sub Menu

スポンサードリング